内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 日記94 『 ポツンと小屋が 』 >
 実家で飼ってた愛犬が死んだ。
 14 歳だったというから、人間で言えばもうおじいちゃんだ。
 きっと寿命をまっとうしたんでしょう。


 とあるペット霊園に埋葬されたので、今日、手を合わせてきた。
 景色のいい所だから、のんびりできるでしょう。


 実家に戻ると、主のいない小屋が庭の隅にポツンとあった。
 一人で少し泣いた。

 今までありがとう。
 達者でな。
 
 
 今日は悼みつつ。
 明日からはいつも通り元気にいくか!



                          (こんなひとつひとつの瞬間を大切に憶えていたい。)
[PR]
by hk_armlock1978 | 2006-12-11 00:16 | 20代日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://armlock78.exblog.jp/tb/4349165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 日記95 『 何気ない振る... < 日記93 『 会話を交わす... >>