内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 日記269 『不惑の夏』>
2005年から書き続けてたブログも今年で14年目。
そりゃ俺も40歳になるわな。

先日、ふと20代の頃の記事を読み返してた。
なんかさ、感情の起伏があって良くってさ。
起伏が山の稜線みたく活き活き文字になってて。
ホント「活字」とはよく言ったもんだ。

今はなんか無駄なモノを削ぎ落とすのがポリシーになってしまったんだよね。
それはそれで良い所もあるんだろうけど。

ライフスタイルは無駄省きポリシーでいいんだけどさ、
ブログくらいは飾らない感性を出したいって思った。

青臭くて、
晴れた朝に浮かれて、
他人の価値観を見て見ぬ振りしない、
やかましさ、うっとうしさ。

神さま俺はいま人生のどのあたり?
エレカシの歌詞から拝借。コレめちゃくちゃ好き。


「死ぬまであと何年?」
じゃなくて、
「俺の人生進捗してるぜ!」
でドーンといってみよう。


(さぁゆこうぜーまだ見ぬ明日へー)


[PR]
by hk_armlock1978 | 2018-06-27 19:33 | 40代日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://armlock78.exblog.jp/tb/26947831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 日記270 『野辺地... < 旅行記69 『山形、... >>