内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
< 日記256 『 紀尾井坂の変 』>
薩摩の大久保利通が暗殺された紀尾井坂を訪ねました。
東京の千代田区、永田町の街角に、
d0055395_11545088.jpg


閑静な公園があります。
その中心部に、
d0055395_11554880.jpg


何やら物々しい一角が。
奥へ進むと、
d0055395_11561527.jpg


木々の間から、巨大な石碑が姿を現しました。
d0055395_11565449.jpg


石碑には「贈右大臣大久保利通哀悼碑」の文字。
ここで大久保利通は刺客に襲われ、生涯を閉じました。
d0055395_11570894.jpg


以下、碑の近くに建つ説明書きから。

---------------------------
明治11年5月14日朝、麹町清水谷において、
赤坂御所へ出仕する途中の、
参議兼内務卿大久保利通が暗殺されました。
現在の内閣総理大臣に匹敵するような
立場にあった大久保利通の暗殺は、
一般に「紀尾井坂の変」と呼ばれ、
人々に衝撃を与えました。

また、大久保の同僚であった明治政府の
官僚たちの間からは、彼の遺徳をしのび、
業績を称える石碑を建造しようとの動きが
生じ、暗殺現場の周辺であるこの地に、
明治21年5月「贈右大臣大久保利通哀悼碑」が
完成しました。

「哀悼碑」の高さは、台座も含めると
6.27メートルにもなります。
石碑の材質は緑泥片岩、台座の材質は、
硬砂岩と思われます。

「贈右大臣大久保利通哀悼碑」は、
大久保利通暗殺事件という衝撃的な
日本近代史の一段面を後世に伝えつつ、
そしてこの碑に関係した明治の人々の
痕跡を残しつつ、この地に佇んでいます。

        平成5年3月   千代田区教育委員会
---------------------------


冷徹な宰相のイメージが強い大久保利通。
しかしその素顔は、
私欲を捨てて日本に身を捧げた政治家でした。

彼が長生きしていたら、
違った日本になってかも知れませんね。


(けんりが彼に集中しすぎたのは否めませんが。)

[PR]
by hk_armlock1978 | 2015-09-20 11:52 | 30代日記 | Trackback | Comments(0)
< 日記255 『 家族が増えて 』>
2014年秋、娘が生まれました。

間も無く1歳。
成長のスピードって速いね。

寝てる時間が短くなったり、
ミルクの回数が減ったり、
ハイハイしたり、
自分でストロー使ってお茶飲んだり、
離乳食を食べたり、
つかまり立ちしたり、
手が届かなかった所に届くようになったり。
今まで以上に毎日が楽しい。

奥さんは、娘に寄り添ってくれてる。
ありがとう。

d0055395_17564040.jpg


届かなかった所に届くようになる娘を見て、
なんだか俺って甘えてるなぁと思ったよ。


届くまで頑張ってない気もするなー。
いろんなことに。

やらねば。


(目的にギラギラしないと。やっぱり。)



[PR]
by hk_armlock1978 | 2015-09-04 17:36 | 30代日記 | Trackback | Comments(0)