内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 旅行記1-10 『 京都奈良最終回(京都府京都市へ) 』 >

7/19~7/21の3日間で一人旅をしました。
その旅行記です。(ダラダラ書いてるので時間を要してます)

【7/21(日) 正午過ぎ】

 正午過ぎ。
 バスに乗って北野白梅町へ。
 ここには京福電鉄の嵐山線、通称嵐電(あらでん)の駅があります。

 昼飯を駅近くの定食屋で食べる。
 ここは以前も来たなぁ。
 店頭で稲荷を売ってました。

 腹も膨らみ、嵐電に乗る。
 200円。安くていい。
 車両はそれほど混んでなかった。
 夏だったからでしょう。

 嵐山駅は終点。
 道中の景色が楽しい。
 等持院、龍安寺、妙心寺・・・
 この路線沿線の寺院散策も面白そうだと思った。

 ほどなく嵐山駅に到着。
 さすがに駅前は人がたくさん。
 嵐山の駅には土産物屋がたくさんあって、飽きません。
 今回はここでお土産を買いました。
 
 天龍寺へ。臨済宗のお寺です。
 ここは庭がメイン。
 
d0055395_12181142.jpg


 すごい混雑。
 
d0055395_12184979.jpg


 畳の座敷から庭を眺めることができるんだけど、
 座るスペースを探すのに一苦労。
 きっと秋はすばらしい眺めなんだろうな。
 でも、早い時間に来ないとスシ詰めでしょう。
 
d0055395_121924100.jpg

 
 てくてくと庭を回り、天龍寺を出る。
 時計を見ると14時。
 東福寺へ行こう。

 
 まずバスで京都駅へ。
 今回移動は専らバスでしたが、車内ではずっと寝てました。
 バス移動が休憩時間みたいな感じ。
 
 京都駅からJR奈良線に乗って東福寺駅へ。
 数分で着きます。
 駅を出るとやはり暑い。

 そのまま東福寺には向かわずに、近くにある万寿寺を見学。
 拝観不可のお寺なので、門の前をウロチョロしました。
 足利義満が定めた寺の格付け、京都五山制度。
 ココはそのひとつに数えられた由緒ある寺なんです。
 
d0055395_1220829.jpg


 中に入りたいなぁーと思っても拝観は不可。
 
d0055395_12214916.jpg

 残念な気持ちを残して東福寺へ。
 人もまばら。
 やはり暑いからだろうな。

 有名な東福寺の通天橋を渡る。
 この時、自分しか橋を渡る人がいなかった。
 独り占めの贅沢な時間。
 ゆっくり橋を渡る。
 
d0055395_12223037.jpg


 門や寺院を眺め、最後に東福寺塔頭の芬陀院へ。
 ここは雪舟が作庭したという庭が有名。
 お寺が閉まる間際に、入りました。
 参拝客は誰もいない。
 
d0055395_12233284.jpg


 扇風機の近くに座る。
 30分くらい、ただ庭を眺めていました。
 暑さも、蝉の声も何も聞こえなかったように感じた。
 この何も無い時間を求め、私はお寺を巡り続ける。
 
d0055395_1224193.jpg

 
d0055395_12245328.jpg


 そして再び京都駅へ。
 名残惜しいが、これで今回の全日程はおしまい。
 大好きなお寺を回れるだけまわった。
 大満足。

 
 混雑気味の、新幹線のぞみに乗る。
 ビールを一杯飲んで、その後東京まで熟睡。
 明日からまた仕事だけど、また頑張れるでしょう。
 リフレッシュしたし。



 これにて旅行記おしまい。
[PR]
by hk_armlock1978 | 2008-11-23 00:23 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/8960605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 日記113 『 手を抜かな... < 旅行記1-9 『 京都奈良... >>