内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 旅行記1-5 『 京都奈良その5(奈良県宇陀市へ) 』 >
7/19~7/21の3日間で一人旅をしました。
その旅行記です。

【7/20(土) AM】

 8:30。大和八木駅で乗り換え。
 乗り換えがんばった。
 駅員さんに聞いた。
 9:00。室生口大野駅に到着。
 ここが今日のメイン。


 駅から出た。
 ゆるい坂道を下ってバスプールへ。
 バスプールってよりはただのバス停でした。
 時刻表を確認。次のバスまで1時間。ガーン。


 隣にはタクシーが3台。
 運転手のおっちゃんがチラチラこっちを見てる。
 タクシー高くつくからやだなー。


 そしたら時刻表を見てボー然としてるおっちゃん2人組を発見。
 すかさずタクシー相乗りを提案。
 半ば強引に2人をタクシーに引きずり込む。
 結構な山奥に車は進む。
 こりゃ歩いてゆくのはムリだ。

 メーターが2100円を表示したところで室生寺に到着。
 1000円を運ちゃんに払って、残りは出して下さいと2人に伝えた。
 2人はポカンとして私を見てたけど、そのまま挨拶してタクシーを出た。
 バス400円の道のりを550円で来れたんだし問題ないでしょう。



 緑が目に優しい。
 適度に吹く風と、傍らを流れる小川が心に涼を運んでくれる。
 でも汗が吹き出る。
 実際の気温はとてつもなく高いハズだ。
 タオル生地のハンカチが手放せない。



 室生寺(真言宗)へ。
 入山前に入り口前にあるバスの時刻表を確認。
 1時間位したらバスが来るみたいだ。
 参拝料500円を払い境内へ。
 ここは山形出身の写真家、土門拳が愛した場所でもある。楽しみだ。
 
d0055395_1193687.jpg



 てくてくと歩く。
 
d0055395_121373.jpg

 山門をくぐる。
 
d0055395_121452.jpg

 てくてく。


 目の前に草木のトンネルが広がり、そのトンネルの中に幅が広い石段が見えた。
 鎧坂だ。
 静かで、おっきくて、眺めてると落ち着く。
 
d0055395_1231317.jpg



 写真を撮った。
 間もなくしてばーちゃんが一人階段の下段に腰を下ろした。
 冊子を開いた。ペンを構えて。
 句かなんかひねってるのかな。
 ばーちゃんがデジカメで構えた構図にどうしても入ってくる。
 これ以上の写真は諦めて、階段を登る事にした。


 「五木寛之の百寺巡礼」という本を思い出す。
 ってか、持ってきてる。
 坂を登りきったところで本堂の前。本を開いた。
 文中の写真にある景色が目の前に広がっている事実に感動した。
 遠くまで来たなぁという実感も湧いてきた。
 
d0055395_1242034.jpg



 最近再建された五重塔を横目に山を登る。
 永遠に続きそうな階段を登った。
 まさしく山岳信仰って感じ。
 山形の立石寺っぽい。
 
d0055395_125533.jpg




 ひーひー言いながら階段の終点にある御影堂に着いた。
 すんげー疲れた。
 もうここまで来るとホントに山の中。涼しかった。
 汗はドンドン噴き出したけど。
 
d0055395_1255226.jpg



 一休みしてから階段を降りた。
 すれ違う参拝客の老夫婦にこんちわーと言う。
 こんちわーと返してくれる。
 頑張ってくれ、じーちゃんばーちゃん。ココからまだ結構登るよ。 *心の声
 
d0055395_1263887.jpg



 本堂まで戻ってきた。
 若いカップルがこれから登るようだ。
 女の子は高いヒール。
 数十分後を想像するだけでも恐ろしい。
 まぁいっか。がんばれ。

 鎧坂の下まで戻ってきた。
 ばーちゃんがまだいる。
 いい加減、登れよ。
 そんなにいい句が浮かばないのか。


 そんなイラつきも流れる小川のせせらぎで直ぐに解消。
 しばし水面を眺めてから、バス停に向かった。
 5分ほど待ってたらバスが来た。

 20分くらいバスに揺られてたら、室生口大野駅に着いた。
 アジサイの季節には参拝客も多いらしいが、今回は空いてました。
 新緑の季節が狙い目ですよ。

 

 室生口大野駅から電車に乗った。
 榛原駅というところで乗り換えて長谷寺駅へ。
 
d0055395_1182261.jpg




 そう、次は長谷寺にゆくのだ。
 長谷寺駅に到着。
 近鉄も慣れてきた。

 改札を出て目の前にある自販機で水を買う。
 めちゃくちゃ暑い。



 汗をふきふき、また歩き出す。
 さぁ行ってみよう。


 つづく
[PR]
by hk_armlock1978 | 2008-08-07 19:41 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/8410548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 旅行記1-6 『 京都奈良... < 旅行記1-4 『 京都奈良... >>