内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 旅行記68 『五能線、驫木駅へ 』 >
ふと思い立って、
五能線の驫木駅を目指すことにしました。
秋田駅から深浦駅まではリゾートしらかみ。
深浦駅から驫木駅は鉄道の運行本数が少ないため、
自らの足で走ることにしました。
d0055395_11353196.jpg


驫木駅を目指すことにしたきっかけは、
青春18きっぷの写真集をパラパラと読んでたら、
五能線の驫木駅が載ってたから。
この駅に行ってみよう。
d0055395_13005960.jpg








[08:20 秋田駅]
リゾートしらかみ1号で深浦駅へ向かいます。
「青池」「橅」「くまげら」編成のうち、
今日は「くまげら」でした。
d0055395_13012020.jpg
 

車内では軽く一杯。
d0055395_13013541.jpg
 

3月後半この日、なんと雪が降りました。
 車窓から望む日本海も寒々しいです。
d0055395_13015326.jpg


[10:49 深浦駅]
 深浦駅に到着。
 驫木駅への列車の発車時刻は17:16発。
d0055395_13021114.jpg
 

驫木行きの列車を待つと日が暮れてしまうので、  
深浦駅から9キロ超の道のりを走ります。
d0055395_13023174.jpg
 

深浦駅の次の駅、広戸駅を通り過ぎ、
d0055395_13025168.jpg


 雪が残る道を、日本海沿いにひた走ります。
d0055395_13030861.jpg


 上り道が結構あってキツイ。
d0055395_13032232.jpg


 眺め最高。
d0055395_13033630.jpg


 50分ほど走ったら、
道路標識に「驫木駅」の文字が見えてきました。
d0055395_13040260.jpg


 間もなく到着。
 日本海に沿うようにしてレールが敷かれています。
d0055395_13044478.jpg


[11:45 驫木駅]
 深浦駅から1時間弱、驫木駅につきました。
 写真集で見た景色が広がります。
 海に吸い込まれそう。
d0055395_13045945.jpg


 海と駅舎だけしかない、素朴を超えた光景。
d0055395_13052827.jpg


 駅舎に近づくと、水平線が間近に迫ってきます。
d0055395_13054166.jpg


[11:58 驫木駅]
 驫木駅到着後、ほどなくして青森側から
深浦ゆきの列車がやってきました。
d0055395_13055553.jpg


 ホームと列車の幅は1m強。
d0055395_13061099.jpg


 驫木駅での滞在時間は10分程度。
 濃い時間を過ごせました。
d0055395_13062561.jpg


[12:14 深浦駅]
 深浦駅に到着。
 次の列車まで1時間ほど待つため、
駅のホームで昼食をとりつつ休憩。


[13:37 深浦駅]
 五能線の東能代ゆきに乗って能代へ向かいます。


[15:16 能代駅]
 能代駅に到着。
 こちらで小一時間散策します。


 能代での目的地はこちら、料亭「金勇」。
 明治23年に創業された料亭で国の有形文化財に
登録されています。
d0055395_11090415.jpg


 こちらは金勇の前にあった説明書き。
 能代は木材で栄えた町。
 北前船の頃は結構繁盛したみたいです。
d0055395_11092037.jpg


 囲碁のタイトルが開かれたこともあるそうで、
 対局当時の様子が再現されていました。
d0055395_11094601.jpg


 二階の大広間。
 木の風合いに圧倒されました。
d0055395_11100457.jpg


[16:03 能代駅]
  奥羽本線の秋田ゆきに乗って秋田へ帰ります。
d0055395_11101673.jpg


[17:26 秋田駅]
 秋田駅に到着。
 驫木駅までの道のりは絶景の連続でした。
 季節を変えて、また走ってみたいです。



      (日本海側は四季おりおりの表情をみせてくれて楽しいね)





[PR]
by hk_armlock1978 | 2017-05-06 13:35 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/24151790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
< 日記267 『秋田駅... >>