内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 旅行記66-3 『 高千穂と松山へ 3日目(松山) 』 >
 年末に東日本、九州、四国を3泊4日で貫いてきました。
 青春18きっぷを使って、宮崎の高千穂を目指し、
 その後は愛媛の松山経由で実家の秋田まで帰りました。
 鉄道での総移動距離は 3,075 km。
 
d0055395_22432795.png

 3日目は、愛媛の八幡浜からJRで松山へ。
 松山市内を散策後、
 JRで夜行快速「ムーンライトながら」の待つ岐阜の大垣へ向かいました。
 
d0055395_23211499.png





[02:35 八幡浜港]
 別府港から出たフェリーで愛媛の八幡浜港に到着。
 フェリーだと別府から3時間くらいで着いちゃうんだね。
 5時30分まで船内休憩が可能なので、しばし滞在。


[05:10 八幡浜港]
 星と月が見える空の下、八幡浜港から歩いて八幡浜駅へ。
 
d0055395_23205487.jpg



[05:42 八幡浜駅]
 予讃線の松山行きに乗って松山へ向かいます。
 
d0055395_23214190.jpg



[06:48 下灘駅]
 途中、青春18きっぷのポスターで有名な下灘駅を通過しました。
 伊予灘に沿うように建つ駅なのですが、まだ日の出前。
 車窓は真っ暗でした。


[07:39 松山駅]
 通勤、通学の波に揉まれつつ、今回の旅の目的地のひとつ、松山に到着。
 まずは伊予鉄道の松山駅前線に乗って、道後温泉の風呂に入りに行きます。
 
d0055395_2322577.jpg

 路面電車に揺られること20分、道後温泉駅に到着。
 
d0055395_23223037.jpg

 駅から歩いて3分、道後温泉へ。
 現在の建物は1894年に建てられています。
 
d0055395_23225632.jpg

 建物に入ると、明治時代にタイムスリップ。
 
d0055395_23231755.jpg

 階段を上って、
 
d0055395_23233259.jpg

 神の湯二階席へ。
 入浴と休憩を選択すると、こちらに入ることができます。
 障子が花模様で鮮やかだなぁと思ってたら、
 
d0055395_23235684.jpg

 今日は花をモチーフとする写真家とのコラボレーション期間だったようです。
 
d0055395_23242570.jpg

 割り当てられたスペースに荷物を置いて、
 
d0055395_2324521.jpg

 ゆっくり温泉に浸かりました。
 別府温泉に道後温泉、図らずも今回の旅は名湯三昧となりました。
 
d0055395_23251491.jpg

 入浴後、神の湯二階席に戻り、サービスのお茶とお菓子を頂きました。
 
d0055395_23253834.jpg


 
 道後温泉の次は、歩いて5分の距離にある子規記念博物館へ。
 
d0055395_23261272.jpg

 ロビーでは、旅装の正岡子規がお出迎え。
 身長164cm。
 20代前半に喀血後、病に悩まされ続けた子規ですが、旅を好んだ人でした。
 博物館では、子規の生涯や、直筆の俳句などを観覧しました。
 
d0055395_23263899.jpg



 博物館を観覧後、土地を足で感じたいため、
 松山駅まで歩いて戻ることにしました。
 帰路、夏目漱石が「ぼっちゃん」を書いた時代に走ったSLを見かけました。
 現在は蒸気ではなくディーゼルで動いてるそうです。
 
d0055395_23271832.jpg

 愛媛県庁には「ゆるキャラグランプリ2015」で2位を獲得した「みきゃん」が。
 ゆるキャラグランプリ2015は静岡の浜松市で開催され、
 1位は浜松市の「出世大名家康くん」。
 ホームの利を加味すると、実質日本一のゆるキャラと言ってよいでしょうね。
 
d0055395_23273796.jpg

 松山城のお堀に沿って歩いて、
 
d0055395_23281357.jpg

 松山駅の数百メートル前に、松山市電の踏切があって驚いてたら、
 
d0055395_23284154.jpg

 松山駅に到着しました。
 
d0055395_2329674.jpg

 駅前には、子規の句「今や昔 十五万石の 城下哉」 の句碑が。
 故郷への愛が伝わってきます。
 
d0055395_23293875.jpg



[12:01 松山駅]
 午前中で松山観光を終了。
 これからは秋田への帰省の旅、ひたすら北を目指します。
 予讃線の観音寺行きに乗って、
 ムーンライトながらの始発駅である岐阜の大垣駅を目指します。


[15:39 観音寺駅]
 予讃線の高松行きに乗り換え。
 香川県に入ったあたりから、裾野の広い山が見え始めました。
 
d0055395_1349531.jpg



 
 伊予西条駅にて、高校生の男子3人が乗車しました。
 入り口近く、私の向かいのロングシートに着座。
 20分程度、時間調整でホームに停車している間、
 1両編成の車両に次々と彼らの知り合いの男子が乗車してくる。
 いずれも彼女を連れて。
 3組目の知人カップルをやり過ごした後、
 彼らの一人が 「もぉ~、みんな彼女いるもんなぁ~」 とため息。

 こんな感じで、思いがけず青春の1ページを観覧させてもらいました。
 



[16:54 坂出駅]
 マリンライナー48号の岡山行きに乗り換え。


[18:00 岡山駅]
 帰宅ラッシュの中、山陽本線の姫路行きに乗り換え。
 
d0055395_2331245.jpg



[19:27 姫路駅]
 神戸線新快速の長浜行きに乗り換え。
 時速130kmの新快速は、
 速くて座席もゆとりがあるせいか、安心感が増幅されます。  
 
d0055395_23313810.jpg



[22:03 米原駅]
 東海道本線の大垣行きに乗り換え。


[22:35 大垣駅]
 松山から約11時間、大垣駅に到着。
 これから夜行快速「ムーンライトながら」に乗って、
 東京経由で秋田を目指します。
 
d0055395_2331586.jpg

 ムーンライトながらに乗るもの、これが最後かなー。
 大垣駅の駅名標に名残惜しさを感じます。
 
d0055395_23321616.jpg





[22:49 大垣駅]
 「ムーンライトながら」に乗って、東京へ向かいます。
 というワケで今日は車中泊です。
 
d0055395_23324066.jpg




  (車中泊、船中泊が多かったので、道中のスマートフォンの充電が中々大変でした)
[PR]
by hk_armlock1978 | 2015-12-31 13:53 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/22723364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 旅行記66-4 『 ... < 旅行記66-2 『 ... >>