内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 日記253 『 吾輩は猫である 』 >
 自宅からジョギングで夏目漱石の旧居跡を見にゆきました。
 場所は文京区の日本医科大の敷地内。
 
d0055395_1865975.jpg
 



 閑静な住宅街の一画に碑が建てられてます。
 漱石がイギリス留学から帰ってきてから住んだ場所だそうです。
 かの森鴎外は、漱石が住む13年前に同じ住居に住んでいたとか。  
 
d0055395_1861883.jpg



 碑の背後には、なにやら猫の影が。
 漱石はここで「吾輩は猫である」を執筆したことから、「猫の家」と呼ばれて親しまれたそうです。  
 
d0055395_1873260.jpg



 こちら碑の裏側。
 ''名前はまだ無い” と推察される猫が、塀の上で様子を伺っています。
 
d0055395_1882513.jpg



 猫の像に近づいてみました。
 かなりリアルな感じ仕上がっていました。 
 
d0055395_189090.jpg



 文京区は森鴎外や、正岡子規などの文学者ゆかりの地が多いそうです。
 ジョギングの目的地になりそう。
 楽しみが増えました。


                      (この時期は早朝じゃないと走れない。暑くて。)
[PR]
by hk_armlock1978 | 2015-07-12 18:30 | 30代日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/21944005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 日記254 『 日本... < 日記252 『 スカ... >>