内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 旅行記54 『 山梨・久遠寺へ 』 >
 青春18きっぷを使って山梨の身延へ日帰りで旅行してきました。
 各駅停車を乗り継いで、日蓮宗総本山・久遠寺への参拝。

 行きは東海道線経由で山梨へ入り、帰りは甲府回りの中央線で東京へ戻りました。
 
d0055395_1141032.png
 




[06:34 東京駅]
 東海道本線の沼津行きに乗って東海方面へ出発。


[08:42 沼津駅]
 東海道本線の浜松行きに乗り換え。
 車窓から富士山が綺麗に見えました。
 
d0055395_21264116.jpg



[09:12 富士駅]
 身延線の甲府行きに乗り換え。
 

[10:31 身延駅]
 身延駅に到着。
 
d0055395_21275889.jpg



[10:45 身延駅バス停]
 身延駅からはバスで移動。
 気温は5度くらい。寒い。
 
d0055395_21283666.jpg



[10:57 身延山バス停]
 バスは終点の身延山へ。
 ここからは徒歩で久遠寺へ向かいます。
 門前町を5分くらい歩くと、
 
d0055395_21294886.jpg

 久遠寺の山門に辿り着きました。
 日蓮は晩年、この地に庵を結んでいます。
 61歳の生涯を閉じるとき、身延山を総本山とするよう遺言したため今に残っています。
 
d0055395_21305199.jpg

 山門をくぐり、石畳をしばし進んでから
 
d0055395_21341215.jpg

 287段の石段「菩提梯(ぼだいてい)」に挑みます。
 延々と続く石段は、壁のような迫力がありました。
 
d0055395_21362644.jpg

 体力的に不安がある人は、傍らの男坂から登ることも可能です。
 
d0055395_2139211.jpg

 287段を登りきると、五重塔がお出迎え。
 
d0055395_21403928.jpg

 振り返るとこの眺め。
 凄い角度です。
 
d0055395_21444857.jpg

 冷たい水で手を清め、本堂に手を合わせました。
 
d0055395_21454415.jpg

 本堂近くのドリンクの自動販売機には、
 久遠寺の山号「身延山」を銘打ったミネラルウォーターが売られてました。
 
d0055395_21465280.jpg

 その後、堂宇を散策。
 庭園を愛でたり、
 
d0055395_21494968.jpg

 日蓮さんの肖像を眺めたりしました。
 
d0055395_21511324.jpg

 その後、本堂の裏手へ移動。
 
d0055395_21521442.jpg

 ロープウェイに乗って身延山の山頂にある奥の院へ行ってみます。
 
d0055395_21525485.jpg

 ロープウェイ乗り場にはストーブが。
 バスを降りてから初めて暖を取れました。
 
d0055395_21543133.jpg

 ロープウェイに乗り込みます。
 
d0055395_21554771.jpg

 するすると身延山を登ってゆきます。
 徒歩で登ると2時間半かかる道のりは、
 
d0055395_2244764.jpg

 ガイドさんの説明に耳を傾けてたら、
 
d0055395_21583824.jpg

 約7分で頂上に到着してしまいました。
 気温は麓と比較して2~3度は低い感じです。
 
d0055395_2254323.jpg

 頂上からは富士山が見えるそうなんですが、
 この日はあいにく山頂には雲がかかってました。
 雲と峰の間から、積雪してる富士山がチラッと見えます。
 
d0055395_2282950.jpg

 寒さに震えながら、奥の院へ。
 日蓮は身延山の山頂から、故郷の千葉県小湊を眺めたそうです。
 故郷にいる両親を偲んだと伝えられていることから、
 奥の院は「思親閣」と名づけられています。
 
d0055395_2294078.jpg

 

 ロープウェイで下山後、日蓮のお墓に手を合わせたり、
 
d0055395_2213994.jpg

 日蓮が庵を結んだ跡を眺めました。
 
d0055395_22143639.jpg



[13:30 身延山バス停]
 2時間半の参拝を終え、バスで身延駅へ戻ります。 
 
d0055395_221624.jpg

 久遠寺で頂いてきた御朱印がこちら。
 凛とした感じが素敵です。
 
d0055395_22164615.jpg



[13:42 身延駅バス停]
 身延駅に到着。


[13:48 身延駅]
 身延線の甲府行きに乗って東京へ戻ります。
 車内では、車窓の景色を肴にして水筒に仕込んだウィスキーを飲んでました。
 
d0055395_212936.jpg



[15:20 甲府駅]
 甲府駅に到着。
 乗り換え時間が18分あるので、お土産を買うことにしました。
 
d0055395_21324527.jpg

 改札を出た隣にある売店で「信玄桃」を購入。
 ピーチゼリーが入った焼き菓子だそうです。
 
d0055395_21351114.jpg



[15:38 甲府駅]
 中央本線の高尾行きに乗り換え。


[16:49 大月駅]
 大月駅からは「ホリデー快速富士山」に乗り換え。
 リクライニング席がある列車で、青春18切符でも乗車可能。
 
d0055395_21354130.jpg

 「ホリデー快速富士山」が入線してきました。
 昔の特急車両っぽい感じです。
 
d0055395_21361744.jpg

 車内。
 1~5号車は自由席、6号車は指定席。
 自由席に乗りましたが、この通りほぼ満席。
 
d0055395_213653100.jpg

 リクライニングする座席で熟睡。
 
d0055395_21374647.jpg



[17:59 新宿駅]
 新宿駅に到着し、
 「ホリデー快速富士山」のおかげで長距離移動の疲労も和らぎ、快適な帰路となりました。
 


 
                            (冬の旅はカイロが必需品)
[PR]
by hk_armlock1978 | 2014-12-18 23:15 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/21401861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 旅行記55-1 『 ... < 旅行記53 『 北関... >>