内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 旅行記49 『 津軽ラーメン紀行 』 >
 夏休みに青森へ旅行しました。

 秋田から奥羽本線で青森へ。
 煮干しダシの効いた津軽ラーメンを食べることが目的です。
 
d0055395_18264158.jpg





[05:25 秋田駅]
 今日は帰省先の秋田からスタート。
 
d0055395_18272549.jpg


[05:33 秋田駅]
 奥羽本線の弘前行きに乗って青森へ向かいます。
 今日のJR移動は青春18きっぷを使います。
 本日の移動費は往復で6,700円。
 18きっぷの1日分は2,370円なので、4,330円お得になります。
 
d0055395_18284320.jpg


[08:06 弘前駅]
 奥羽本線の青森行きに乗り換え。

[08:48 青森駅]
 青森駅に到着。
 今日は平日。サラリーマン、学生、様々な客層が降りてゆきました。
 
d0055395_18304790.jpg


 ここから津軽ラーメン紀行スタート。
 青森に住んでた時に通った2軒と、新規開拓の1軒を巡ります。
 
d0055395_18334523.jpg


[09:00 青森市]
 1軒目は青森滞在中、月に2回は食べた「くどうラーメン」へ。
 朝8時から開いている老舗です。
 
d0055395_1835415.jpg

 ラーメンの中(500円)をオーダー。
 煮干しダシの風味が強すぎず、弱すぎず。
 あっさりとした味が何とも美味。
 ここでウチの実家と嫁さんの実家へお土産ラーメンを買いました。
 
d0055395_1838132.jpg


[09:30 青森市]
 すぐに2軒目は胃袋的に無理。
 駅前の図書館で2時間ばかり本を読んで消化を待ちました。

[11:20 青森市]
 図書館を出て、青森市役所を通り過ぎ、
 
d0055395_18394748.jpg

 2軒目は新規開拓の「しらはる」へ。
 青森の先輩&後輩から太鼓判を押された店なので行ってみることにしました。
 
d0055395_18403354.jpg

 煮干しらーめんの中(600円)をオーダー。
 煮干しダシが「くどうらーめん」より濃く、食欲をかきたてます。
 スープに絡む太麺も食べごたえがあって美味い。
 
d0055395_18411757.jpg


[12:00 青森市]
 ラーメン2杯が胃袋に入ってかなり満腹。
 いったん休憩するため、青森駅前にある「青森まちなかおんせん」へ。
 
d0055395_18415257.jpg

 休憩所で30分昼寝してから入浴。
 広い湯船に入ったり、サウナで発汗したり。のんびり過ごしました。
 
d0055395_18425248.jpg

 入浴後は再度休憩所に戻って昼寝。
 2時間半くらい滞在して料金は420円。コストパフォーマンス抜群です。
 休憩所には「ねぶた」が飾ってました。
 かなりの圧迫感も、青森県民は気にしない。だって県民の魂だから。
 
d0055395_18442815.jpg


[14:45 青森市]
 まちなかおんせんを後にして、しばし駅前を散策。
 青森駅の隣にある土産屋「A-FACTORY」へ。
 こちらで嫁さんへのお土産にリンゴの洋菓子を買いました。
 
d0055395_18451246.jpg

 その後、かつて青森と函館を結んだ青函連絡船「八甲田丸」を眺めてから、
 
d0055395_18454721.jpg

 津軽湾沿いに架かる歩道橋「青森ラブリッジ」を歩きました。
 
d0055395_18462827.jpg

 ラブリッジを渡りきると津軽湾が視界に広がります。
 津軽半島と下北半島に囲まれた海です。
 右奥の山々は下北半島になります。
 
d0055395_1848183.jpg

 ここいら一帯には、ねぶたの山車を作るための「ねぶた小屋」が建てられます。
 しかし祭りは8月初旬に終わってしまったので、小屋の解体が始まっていました。
 小屋のサイズから、ねぶたのデカさが良くわかります。
 
d0055395_18494836.jpg

 ねぶた小屋の隣には物産館の「アスパム」があります。
 AOMORI の A をイメージして建てられました。
 津軽湾に正対しているので、海からの風をモロに受けます。
 
d0055395_18471976.jpg

 アスパムの中では土産物をみたりしてぶらぶらしました。
 
d0055395_18512519.jpg


[15:30 青森市]
 本日の3軒目は青森滞在中、3ヶ月に1回は食べた「まるかいラーメン」へ。
 その強烈な個性から、たまに無性に食べたくなるラーメンです。
 正面のレジ付近に座っている店員にラーメンのサイズ「大」か「中」をオーダーします。
 メニューはこの2種類だけです。
 
d0055395_18511824.jpg

 ラーメン中(600円)の葱多め(無料)をオーダー。
 煮干しダシの強烈な酸味がスープの個性をひきたてています。
 うどんのような麺、津軽ラーメンの極みです。満足。
 
d0055395_18533591.jpg


[16:30 青森駅]
 3軒分のラーメンを食べ、目的達成。
 秋田へ帰ります。
 
d0055395_18542144.jpg

 青森駅のホームの海側には「→連絡船」の文字が。
 青函連絡船が運行されていた頃は、ホームの端っこから船に乗り込んだようです。
 
d0055395_18551436.jpg


[16:45 青森駅]
 奥羽本線の弘前行きに乗って秋田へ向かいます。

[17:28 弘前駅]
 奥羽本線の秋田行きに乗り換え。

[20:05 秋田駅]
 秋田駅に到着。
 なまはげ達が出迎えてくれました。
 いつかJR男鹿線に乗ってみたいと思いました。
 
d0055395_18562117.jpg


[20:30 秋田市の実家]
 両家へのお土産はこちらの「からきじらーめん」。
 くどうらーめんに近い味のため、津軽ラーメン初心者にお勧めです。
 「からきじ」とは津軽弁で「頑固」の意味。
 同じ意味に「じょっぱり」があります。こっちのほうが全国的にはメジャーでしょうか。
 津軽人の気質をよく表した言葉です。
 
d0055395_17253869.jpg



                      (青森に住まなきゃ津軽ラーメンを知ることは無かったなぁ)
[PR]
by hk_armlock1978 | 2014-08-24 17:40 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/21044706
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 旅行記50 『 東日... < 日記245 『 千秋... >>