内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 旅行記46 『 三陸をゆく(宮古・田老) 』 >
 正月に岩手の三陸を訪ねました。

 秋田駅から奥羽本線→田沢湖線→山田線のルートで宮古駅へ。
 宮古駅からは三陸鉄道の北リアス線で田老駅へ。
 東日本大震災の被災地を実際に見ることが目的です。
 
d0055395_19395891.png




[06:02 秋田駅]
 秋田駅を出発。
 今日のJR移動は青春18きっぷを使います。

[07:04 大曲駅]
 JR田沢湖線の盛岡行きに乗り換え。

[08:26 盛岡駅]
 盛岡駅に到着。
 散歩してから、駅前の松屋で朝食。

[10:06 盛岡駅]
 山田線の臨時快速「ふるさと宮古」に乗って宮古へ向かいます。
 3両編成で、指定席車両の1・3号車は料金510円。
 私は安く済ませるために自由席車両の2号車に乗ります。
 
d0055395_14363962.jpg

 車両は、リゾートしらかみのようなリゾートトレイン仕様になっています。
 
d0055395_10104350.jpg

 2号車の車内はこんな感じ。
 2席+1席並びの一風変わった座席配置です。
 
d0055395_10121840.jpg

 山田線の車窓からの眺め。
 北上山地を横断してゆくので、山ばかりです。
 山田線が敷設される際、当時の総理大臣だった原敬(岩手出身)は、
 国会で「そんな山奥に鉄道を敷いて、山猿でも乗せる気か」と問われたそうです。
 その問いに対して「国有鉄道法では猿は乗せないことになってます」と切り返したのだとか。
 そんな問答も納得。
 
d0055395_1013155.jpg




[12:10 宮古駅]
 宮古駅に到着。
 次の乗り換え時刻は13:20。
 海岸線まで歩いてゆけそうだったので、行ってみることに。
 
d0055395_1014947.jpg




[12:40 宮古市街]
 宮古駅から早歩きで25分。
 道の駅「シートピアなあど」に到着。
 震災から2年後の2013年夏に改装・営業再開されました。
 建物の壁に青いラインが引かれています。
 
d0055395_10151116.jpg

 青いラインは震災時、押し寄せてた津波の高さを記録として残したもの。
 その高さ5メートル。
 
d0055395_10211489.jpg

 道の駅近くの入り江。
 穏やか。
 あの日のことが、想像もつかないね。
 
d0055395_1022798.jpg

 入り江の近くには真新しい看板が立ってました。
 看板の矢印の方向には、
 
d0055395_10225766.jpg

 道の駅の2階に続く真新しい階段が。
 津波がきたら、高台へ。
 人間は災いから学ぶ。
 
d0055395_10234612.jpg

 道の駅に入ってみると、玄関には震災前の風景を模したジオラマが。
 左手前の建物が、道の駅。
 
d0055395_10252923.jpg

 道の駅周辺の流されてしまった家屋は、
 
d0055395_10311859.jpg

 ジオラマの中で息づいてます。
 
d0055395_10293791.jpg




 道の駅を後にして、宮古駅へ戻ることに。
 途中、宮古市役所前の歩道橋を渡りました。
 当時はこの辺も津波で車が流されました。
 
d0055395_1033214.jpg

 駅前の商店街は初売りで賑わってました。
 
d0055395_1034183.jpg




[13:20 宮古駅]
 駅前に戻ってきました。
 JR宮古駅の隣にある三陸鉄道の宮古駅へ。
 
d0055395_10353345.jpg

 これからは南三陸線の北リアス線で三陸海岸を北上します。
 ホームにはNHK朝ドラ「あまちゃん」でお馴染みの車両が。
 
d0055395_10441586.jpg
 
 私が乗るのはこちらの車両。
 桜で彩られています。
 
d0055395_1041637.jpg

 車内はこんな感じ。
 
d0055395_1040716.jpg




[13:39 田老駅]
 宮古から約20分、今日の目的地の田老に着きました。
 震災の被害が大きかった地域です。
 
d0055395_10514541.jpg

 更地に整備された土地と高台に建つ家屋。
 高台は被害を免れたことがわかります。
 
d0055395_1124745.jpg

 海側の眺め。
 10m の防潮堤が守るはずだった家屋は、この通り流されてしまいました。
 田老地区は古くから津波被害が多かったことから、
 震災前までは防潮堤構築で防災を図ってきました。
 しかし、今回の震災で高台移転に方針が傾きつつあるそうです。
 
d0055395_115648.jpg

 石積みの高台の上には、
 
d0055395_111199.jpg

 津波到達地を示す石碑が。
 
d0055395_11125545.jpg

 ぽつんとバス停が配置されてました。
 
d0055395_1116635.jpg

 電線が囲む区域で、かつて人の暮らしが営まれていました。
 
d0055395_11182199.jpg

 更地にあった田老地区の未来像。
 居住区を高地に創ろうという意思が感じられます。
 
d0055395_11203567.jpg

 高台のお宮に手を合わせてから、
 
d0055395_11235624.jpg

 プレハブっぽい感じのローソンでカップ麺を買って食べました。
 田老駅周辺には売店が無かったので、とても助かりました。
 
d0055395_11252566.jpg

 ローソンの近くには昭和初期に発生した「三陸大津波」の標識が。
 ここまで津波が来たってのを見えるようにして、防災意識を高めているように思えました。
 
d0055395_112831.jpg

 ローソンから5分ほど歩いて、たろう観光ホテルへ。
 
d0055395_11305122.jpg

 3階辺りまで、津波に破壊されたようです。
 言葉になりません。
 
d0055395_11333074.jpg

 自然の力って凄いね。
 被災から立ち上がる人間の力も凄い。
 
d0055395_1135393.jpg

 防潮堤から海岸線を望む。
 瓦礫等の撤去に従事したと思われる重機が多く配置されてました。
 
d0055395_1140839.jpg




[15:18 田老駅]
 田老駅に戻ってきました。
 これから宮古経由で秋田へ帰ります。
 
d0055395_11442569.jpg

 桜の電車に再び乗ります。
 三陸線沿線の生活を、この桜が明るくしてくれると信じてます。
 
d0055395_11514720.jpg


[15:52 宮古駅]
 山田線の盛岡ゆきに乗り換え。

[18:06 盛岡駅]
 田沢湖線の大曲ゆきに乗り換え。

[20:12 大曲駅]
 奥羽本線の秋田ゆきに乗り換え。

[21:01 秋田駅]
 秋田駅に到着。
 被災地を自分の目で見れてよかったです。
 言葉や映像じゃ分からない何かが自分の腹に落ちました。




                             (記憶に残る旅になりました)
[PR]
by hk_armlock1978 | 2014-02-02 17:52 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/20308043
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 日記241 『 上野... < 旅行記45 『 北東... >>