内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 旅行記38-1 『 信州へ 1日目(松本・長野) 』 >

 7月末に長野県の松本市、長野市、軽井沢町を旅してきました。
 1日目は松本・長野を散策しました。
 
d0055395_1054223.jpg





[06:34 上野駅]
 長野新幹線「あさま557号」で長野へ。
 インターネットのえきねっと割引で、指定席を手配しようとしたら満席。
 そのためグリーン席をえきねっと割引で手配しました。
 長野新幹線に乗る機会は初めて。
 
d0055395_10173262.jpg



[08:11 長野駅]
 1時間半くらいで長野駅に到着。
 長野は近いね。
 
d0055395_10175675.jpg



[08:17 長野駅]
 ここから普通列車。
 篠ノ井線の松本ゆきへ乗り換え。
 
d0055395_1018767.jpg



[09:33 松本駅]
 長野から約1時間、松本に到着。
 高地なので湿度が低い。
 25℃位の気温でも、カラッとしてるので気持ち良い。
 
d0055395_10181930.jpg



[10:10 松本市街]
 松本駅から歩いて、奥さんが探したカフェで一休み。
 と思ったんですが、開店が10:30からでした。事前の調査不足。
 市内を散策してからまた来ることにしました。
 
d0055395_10183320.jpg

 松本市の中心街は、商業施設やオフィスがコンパクトにまとまってる感じ。
 とても綺麗な町です。
 
d0055395_10184887.jpg

 松本は湧き水の町。
 歩道沿いのあちこちに水場があります。
 水は、冷たく澄んでて美味しいです。
 
d0055395_10192846.jpg



[10:25 松本市街]
 国宝・松本城に到着。
 松本城のほかに国宝になってる城は、
 兵庫の姫路城、滋賀の彦根城、愛知の犬山城ですって。
 
d0055395_10201493.jpg

 木造5重6階、堂々とした構造です。
 
d0055395_10204040.jpg

 城内の階段はかなり急です。
 
d0055395_10205714.jpg

 どのくらい急かというと、こんな注意書きがあるくらい急です。
 
d0055395_1021106.jpg

 左手前にある、赤い欄干に囲まれた建物は「月見櫓」。
 江戸時代に増築されたそうです。
 戦に備え、攻撃・防御の装備がなされた城郭と、月を眺めるために増築された雅な建築。
 時代の変遷を感じさせる城です。
 
d0055395_1145132.jpg
 
 

[11:15 松本市街]
 松本城を後にして、女鳥羽川(めとばがわ)沿いを歩いてから、
 
d0055395_10231446.jpg

 訪れたのは「弁天本店」。
 今日の昼食は蕎麦。
 明治10年創業、松本市で一番古い老舗です。
 
d0055395_10235497.jpg

 「食堂感」たっぷりの店内。
 
d0055395_10242735.jpg

 ざる蕎麦を注文しました。
 名水で作られたからでしょうか、清涼感があって、とても美味しかったです。
 
d0055395_1025076.jpg



[11:45 松本市街]
 「弁天本店」から歩いて、再度、奥さんが事前リサーチしたカフェ「amijok」へ。
 今度は開いてます。
 
d0055395_10253074.jpg

 奥さんはマフィンをオーダーしてました。
 美味。
 店名「amijok(アミジョク)」の由来は、マスターの苗字「kojima」から。
 逆から読んで「amijok」。
 
d0055395_102633.jpg

 その後、歩いて松本駅へ。
 帰り道、パラパラと雨が降ってきてました。


[13:00 松本駅]
 松本駅で、長野行きの電車の出発を待ってたら、良い香りが。
 そのまま、駅構内の立ち食い蕎麦へ。
 
d0055395_10282110.jpg

 おやつ代わりに、かけ蕎麦をオーダー。
 松本では、立ち食い蕎麦でも上等な麺が出てきます。美味かった。 
 
d0055395_10284864.jpg



[13:26 松本駅]
 篠ノ井線の長野ゆきで、長野へ戻ります。
 
d0055395_10262093.jpg

 電車に乗ってる最中、雨風が強くなってきました。
 すると、長野駅に着く2駅前の線路でアクシデント。
 風に飛ばされた倒木が線路に入ってきて電車と接触し、緊急停車。
 1時間位で復旧したのですが、予定の倍近くの時間がかかってしまいました。


[15:40 長野駅]
 2時間ほどかけて、ようやく着いた長野駅は大雨。
 
d0055395_10292270.jpg

 しかし、いざバスにのって、善光寺へ向かいます。
 
d0055395_10294423.jpg



[15:55 長野市内]
 長野駅からバスで10分、善光寺に着きました。
 
d0055395_10301363.jpg

 雨のおかげで、参拝客はまばら。
 
d0055395_10303350.jpg

 大きな山門をくぐって、
 
d0055395_10315416.jpg

 本堂へ。
 
d0055395_10321143.jpg

 本堂から参堂を眺めるとこんな感じ。
 この後、本堂内部で「お戒壇巡り」をやってきました。

 以下、善光寺ホームページから「お戒壇巡り」の説明を抜粋。
  お戒壇巡りとは、瑠璃壇床下の真っ暗な回廊を巡り、
  中程に懸かる「極楽の錠前」に触れることで、
  錠前の真上におられる秘仏の御本尊様と結縁を果たし、
  往生の際にお迎えに来ていただけるという約束をいただく道場です。
 
d0055395_10322984.jpg


 善光寺本堂を後にして、江戸時代創建の老舗「八幡屋礒五郎」へ。
 名物「七味唐辛子」を購入しました。
 長野市内の蕎麦屋の大半が、ここの唐辛子を店に置いてます。
 
d0055395_10324524.jpg

 購入した「七味唐辛子」はこちら。
 一番大きいサイズの缶を買いました。
 
d0055395_1033020.jpg


 その後、バスで長野駅へ戻りました。
 電車の遅延もあって、約1時間半の慌しい長野散策。
 カフェにも寄る予定でしたが、時間的に叶わず。残念。
 まぁ善光寺参りができたので、良しとしよう。


[17:09 長野駅]
 長野新幹線「あさま574号」で軽井沢へ。
 30分程で着くので、今回は自由席。
 
d0055395_10331552.jpg



[17:41 軽井沢駅]
 日本有数のリゾート地、軽井沢駅に到着。
 まさか、この駅に降りる機会が訪れようとは・・・  
 標高1,000メートルを超える高地なので、涼しい。いや、寒いくらい。
 
d0055395_10332991.jpg



[18:03 軽井沢駅]
 JR軽井沢駅に隣接する「しなの鉄道」の軽井沢駅へ。
 こちらで乗り換えて、今日の宿へ向かいます。
 「しなの鉄道」は、長野県や長野市が株の8割を保有する、第三セクターの鉄道会社です。

 そしたら、なんと「しなの鉄道」も風雨により遅延。
 
d0055395_10334569.jpg



[18:20 中軽井沢駅]
 予定より15分ほど遅れて、中軽井沢駅に到着。
 この駅からバスに乗って宿にゆく予定でしたが、鉄道遅延のおかげで乗れず。
 バスなら400円でゆけるところを、タクシーで1,700円かけてゆくことに。
 うーん、なんて日だ!

 乗ったタクシーの運転手から、
 「こちら、実はビルゲイツの別荘(建築中)なんですよ」という裏話を聞かされました。
 まぁ、結果としてこの裏話に予実差額の1,300円を払った、ということで。


[18:35 軽井沢町]
 やっとのことで宿に到着。
 今日の宿は、会社の保養所です。
 
d0055395_10342113.jpg

 かなり良い部屋でした。
 しかも、会社の保養所なのでリーズナブルな宿泊費。
 
d0055395_10343872.jpg

 夕食は「スタンダード」「デラックス」が選べるので、奮発して「デラックス」に。
 美味しい夕食を腹いっぱい頂きました。
 
d0055395_10345312.jpg

 夕食後、温泉に入ってからの卓球。
 
d0055395_10351252.jpg


 ご飯は美味く、温泉は気持ちよく、森林に囲まれてるので周辺は静か。
 部屋の快適さも相まって、22時には就寝してしまいました。



                             (明日は軽井沢を散策します。)
[PR]
by hk_armlock1978 | 2013-08-03 19:25 | 旅行記 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/19402195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by クラ at 2015-11-12 22:54 x
 東京に近いし自然ゆたかな信州 いいですね そうそう自分も松本城とその周辺の町並み大好き ランチにそばを食べた後、松本駅近くの喫茶でお茶を飲んだり! そんな旅をしたいです。
<< < 旅行記38-2 『 ... < 日記232 『 東京... >>