内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 旅行記37-2 『 石川県へ 2日目(金沢) 』 >

 7月に石川県の小松、金沢方面を旅してきました。
 2日目は金沢市内を散策しました。
 
d0055395_21591642.jpg






[08:30 金沢駅]
 ホテル指定の駅ビルのカフェで朝食。
 和洋選べるので、今日は和食を選択。うまい。
 
d0055395_1738513.jpg



[09:45 金沢市内]
 金沢駅からバスで兼六園へ移動。
 今日使う切符はこちら「城下まち金沢周遊1日フリー乗車券」。
 市内近郊のバス区間が500円で乗り放題。
 金沢市は中心街に名所がコンパクトに収まってるので、この切符が役に立ちます。
 
d0055395_1739554.jpg



[10:00 金沢市内]
 バス停「兼六園前」に到着。
 隣接する金沢城の石川門をチラッと見て、
 
d0055395_17393487.jpg

 兼六園へ入園。
 
d0055395_17403097.jpg

 雨上がりの庭園は、緑が映えていい感じでした。
 
d0055395_1741314.jpg

 しかし、蒸し暑い。
 
d0055395_17412888.jpg

 20分ほど散策して、兼六園を後にしました。
 
d0055395_1742730.jpg

 

[10:20 金沢市内]
 続いて、兼六園の隣に建ってる「金沢21世紀美術館」へ。
 平べったい円形の建物です。
 
d0055395_17443397.jpg

 館内には、名物(?)とも言える「スイミング・プール」。
 外からはこんな感じに見えます。
 水面の下に人がぼんやり見えます。
 
d0055395_17445556.jpg

 プールの中に入って見ると、
 
d0055395_17452279.jpg

 こんな感じになっています。
 スカイブルーの壁に囲まれた空間です。
 
d0055395_17454985.jpg

 再度、外からプールを見ると、こんな感じ。
 外と中の間に、水面をうっすら敷いてるワケです。
 
d0055395_17461379.jpg


 プールの他には、
 天井を四角く切り取った「ブルー・プラネット・スカイ」があります。
 切り取られた曇り空、不思議な印象を受けます。
 
d0055395_17462270.jpg

 1時間程、館内をぐるぐる歩いて、外へ。
 
d0055395_17463378.jpg



[11:30 金沢市内]
 一休みしに、美術館から歩いてすぐのカフェ「つぼみ」へ。
 
d0055395_17492193.jpg

 店内は和テイストの落ち着いた雰囲気です。
 
d0055395_1750107.jpg

 お店の看板メニューをオーダー。
 奥さんは「葛きり&黒みつ」、私は「葛もち&きなこ」を食べました。
 冷やされてて食べやすく、優しい甘さが、美味し。
 
d0055395_17494079.jpg



[12:15 金沢市内]
 カフェを後にして、香林坊近くの武家屋敷を散策。
 
d0055395_17503319.jpg

 北陸一の繁華街、片町の交差点を横切って、
 
d0055395_17504443.jpg

 バスに乗って南町で降りて、ラーメン「一喜」へ。
 
d0055395_1751434.jpg

 ここはチャーシューメンの店。
 美味しくいただきました。
 汗をかいた身体に、程よい塩分補給ができました。
 
d0055395_17512463.jpg



[13:30 金沢市内]
 満腹になったので、次の目的地へ。
 バスに乗って、再び片町方面へ。
 犀川にかかる「犀川大橋」を通り過ぎて、
 
d0055395_17515423.jpg

 犀川沿いを歩きます。
 
d0055395_17524069.jpg

 15分程歩いて、新竪町商店街へ。
 ここからは、奥さんリクエストの雑貨屋巡りです。
 
d0055395_17525464.jpg

 この通りは初めて来たのですが、
 
d0055395_17533018.jpg

 やたら雑貨屋が多く、
 
d0055395_1754580.jpg

 それでいて昔ながらの商店も健在で、
 
d0055395_17544672.jpg

 新旧が共存した良い風合いです。
 
d0055395_17562541.jpg

 洒落たアクセサリーを売る店もあったり。
 なかなか新鮮でした。
 
d0055395_17554237.jpg



[14:20 金沢市内]
 雑貨屋巡りを終え、
 犀川沿いのバス停から周遊バスに乗って、再び香林坊方面へ向かいました。
 
d0055395_17565947.jpg


[14:40 金沢市内]
 次の目的地は、香林坊の109近くにある喫茶「ローレンス」。
 
d0055395_17571637.jpg

 半世紀以上続く、ものすごく特徴のある雰囲気の喫茶店です。
 
d0055395_17582921.jpg

 1967年に、作家の五木寛之さんが、直木賞受賞連絡を受けた場所でもあります。
 どんな店か興味が湧いたので来てみました。
 女性のマスターが言うには、47年休まず営業しているそうです。  
 
d0055395_17592290.jpg

 こちらの席が、五木氏がいつも座っていた席。
 作家や記者の卵が、この席目当てに来店するのだそう。
 
d0055395_17594174.jpg

 肝心のオーダーは、奥さんがアイスハーブティー、私はアイスコーヒー。
 お菓子をおまけで付けてもらって、美味しく頂きました。
 
d0055395_1801489.jpg

 マスターは話し好きらしく、切れ間無く我々に語り続けました。
 たまに私に話を振るので、答えてみると、
 特にそれに対する反応は無く、マスターの物語が続いてゆく感じ。哲学者のようだ。

 そんなこんなで、店を出るタイミングを模索してたら、別のお客さんが入ってきました。
 マスターがお客さんを席に案内すると、物語が止まりました。
 その瞬間を我々は逃さず、無事に店を出ました。 
 なかなか貴重な体験でした。


[15:50 金沢市内]
 今日最後の目的地は、金沢の寺院。
 香林坊のバス停から、市街地を離れる。

[16:30 金沢市内]
 辿り着いたのは、曹洞宗「大乗寺」。
 金沢市きっての古刹です。
 
d0055395_180494.jpg

 このお寺は「雲水(うんすい)」と呼ばれる修行僧が、
 厳しい修行を積んでることで知られます。
 参拝時に、坊さんに「いま雲水さんは何人いますか?」と聞いたところ、2人とのこと。
 昔はもっといたのでしょう。
 移りゆく時代の流れの中で、変わらないものが、たぶんここにあります。
 雲水さんには、それを支え続けて欲しいものです。
 
d0055395_1813598.jpg

 

[18:00 金沢市内]
 バスで市街地へ戻り、奥さんへワンピースを買ったりしてから、片町へ。
 今日の晩餐会場はビアガーデンです。
 
d0055395_181501.jpg

 暑い中飲むビールは最高。
 
d0055395_182236.jpg

 金沢の夜は、綺麗に更けてゆきました。
 明日は、金沢市内を散策して、東京に戻ります。
 
d0055395_1821337.jpg


 


                 (フローズン生が飲みたかったが、その店は満席だった・・・)
[PR]
by hk_armlock1978 | 2013-07-14 18:57 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/19264520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 旅行記37-3 『 ... < 旅行記37-1 『 ... >>