内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 旅行記31 『 大鰐、弘前、間もなく春 』 >

 弘前市で1泊してきました。

 1日目(3/9)は、大鰐温泉で朝風呂してから、弘前市内を散策。
 2日目(3/10)は、午前中に弘前市内を散策して、リゾートしらかみで青森へ戻りました。
 下の地図のうち、青がJRでの移動、赤が弘南バスでの移動、緑が弘南鉄道での移動ルート。
 
d0055395_17585797.jpg





[1日目 06:20 自宅]
 青森市内の自宅から徒歩で青森駅へ。


[1日目 07:00 JR青森駅]
 青森駅に到着。
 これからJRで碇ヶ関へ向かいます。
 
d0055395_17152519.jpg

 まずは奥羽本線の快速で弘前へ。
 
d0055395_1716510.jpg

 今回使うキップは「津軽フリーパス」。
 2日間、津軽地域のJR普通・快速電車、弘南鉄道、弘南バスや、
 津軽鉄道(五所川原~金木)が乗り放題で2,000円。
 青森~碇ヶ関が往復1,900円なので、他に色々使うと元が取れます。
 
d0055395_17162759.jpg



[1日目 07:53 JR弘前駅]
 奥羽本線の大館行きに乗り換え。


[1日目 08:13 JR碇ヶ関駅]
 碇ヶ関駅に到着。
 ここに来た目的は、駅に隣接する入浴施設で温泉に入ること。
 津軽フリーパスを提示すれば、なんと無料で入浴できるのです。
 
d0055395_17165676.jpg

 碇ヶ関は津軽藩関所が配置されてました。
 駅の近くには関所が復元されてます。
 この奥に入浴施設があるのですが、9時から開くとのこと。
 津軽フリーパスのガイドブックには8時って書いてたので、しばし呆然とする。
 
d0055395_17172516.jpg


 暴風雪が吹き荒れる中、入浴施設の隣にある道の駅のトイレで思案。
 すると、ガイドブックに「碇ヶ関バス停を8:43発で大鰐方面へゆくバス」の情報が。



[1日目 08:50 碇ヶ関バス停]
 暖房が効いてるトイレにしばし居座ってから、バス停へ。
 5分くらい遅れてバスが到着。
 これから大鰐駅へ。
 
d0055395_17175397.jpg

 バスの中で、津軽フリーパスのガイドブックを読んで作戦を練る。
 こんな感じの冊子で、フリーエリアで使える鉄道とバスの時刻表がついてます。
 
d0055395_17182219.jpg



[1日目 09:05 大湯バス停]
 大鰐駅に着く前に「大湯バス停」に停まったので、ここで途中下車。
 共同浴場「霊湯大湯」へ。
 
d0055395_1718555.jpg

 大人は200円。安い。
 
d0055395_17192438.jpg

 脱衣所。
 
d0055395_1720994.jpg

 浴室。
 熱めの湯で、肌がつるつるになりました。
 
d0055395_17203045.jpg



[1日目 09:35 霊湯大湯]
 霊湯大湯を後にして、「大鰐の大日様」と呼ばれる大円寺を通り、
 
d0055395_1721792.jpg

 ここら辺は江戸時代に整備された羽州街道なのかーと見識を深め、
 
d0055395_17212960.jpg

 JR大鰐温泉駅に到着。
 でも、目的地はこちらではなく、
 
d0055395_17215184.jpg

 隣に建ってるこちら弘南鉄道の「大鰐駅」がゴール。
 
d0055395_17221018.jpg



[1日目 09:50 弘南鉄道大鰐駅]
 さぁ、弘南鉄道に乗るぞ。
 車両にたどり着く前に、こんな掲示が。
 ここから金沢や大阪へ行けるさ。
 
d0055395_1722279.jpg

 ホームで待ってた電車がこちら。
 
d0055395_17225091.jpg

 車内はこんな感じ。
 生活路線ですな。
 
d0055395_17231366.jpg

 こちらは弘南鉄道のマスコットキャラ「ラッセル君」。
 線路の雪を除雪するラッセル車がモチーフ。
 
d0055395_17233394.jpg

 つり革はりんごをイメージ。
 手作り感が良いです。
 
d0055395_17235537.jpg



[1日目 10:18 弘南鉄道中央弘前駅]
 30分くらい乗って、終点の中央弘前駅へ到着。
 
d0055395_17242013.jpg

 弘前の時計台と呼ばれる「一戸時計店」を通り、JR弘前駅へ向かう。
 
d0055395_17244527.jpg



[1日目 10:35 JR弘前駅]
 弘前駅に到着。
 朝メシを食べていないので、駅ナカのそば屋。
 
d0055395_1725521.jpg

 かけそばの食券を出したけど、出てきたのはかけうどん。
 謝る店員のおばちゃんに「このままでいいですよ」と応えると、
 おばちゃんは「うどんもツルツルして美味いよ~」。
 結果、うどんで正解だったみたい。美味かったです。
 
d0055395_17252965.jpg



[1日目 10:51 JR弘前駅]
 特急つがるで秋田の実家から北上中の奥さんと待ち合わせ。
 無事合流しました。
 
d0055395_17261586.jpg

 この後、奥さんの重いバッグを預けに本日宿泊予定のホテルへ。
 ホテルへは「土手町循環100円バス」で移動。
 弘前市内を循環して走る100円バスは、観光にとても便利です。
 この100円バスも、津軽フリーパスがあれば乗ることができます。



[1日目 11:20 弘前市土手町]
 本日の宿「弘前パークホテル」へ奥さんの荷物を預け、ランチの店へ徒歩で移動。


[1日目 11:45 弘前市本町]
 ランチは、奥さんのリクエストで、フランスレストラン「ポルトブラン」へ。
 食べログの評価からセレクトしたそうです。
 
d0055395_17263637.jpg

 店内はこんな感じ。
 こぎれいで良いです。
 
d0055395_17265896.jpg

 前菜。美味い。
 
d0055395_17271933.jpg

 スープ。美味い。
 
d0055395_17274065.jpg

 メインは肉と魚の両方をオーダー。美味い。
 
d0055395_1728591.jpg

 デザート。美味い。
 たまにがっつり洋食を食べるのもいいもんだ。
 奥さん共々大満足。
 
d0055395_17283126.jpg



[1日目 13:30 弘前市亀甲町]
 腹ごしらえを済ませ、100バスに乗って津軽藩ねぷた村へ。
 
d0055395_17285492.jpg

 館内では、お囃子や津軽三味線の演奏やらを見学できます。
 ねぷたもこの通り、いい感じの迫力で観れます。
 青森市は海に面しているから、多少荒い言葉になって「ねぶた」。
 弘前市は内陸で、言葉が若干おとなしく「ねぷた」になっているそうです。
 どっちも同じ意味なんだって。
 
d0055395_17292478.jpg



[1日目 14:20 弘前市内]
 ねぷた村を後にして、しばし市内を散策。
 こちらは東北最古のプロテスタント協会「日本キリスト教団弘前協会」。
 
d0055395_17295188.jpg

 土手町に戻って、雑貨屋巡り。
 
d0055395_17301153.jpg



[1日目 15:30 弘前パークホテル]
 ホテルにチェックインして、昼寝。
 フロントに津軽フリーパスを提示すると、
 1000mlの紙パックのりんごジュースが貰えました。
 果汁100%で、美味し。


[1日目 17:00 弘前市土手町]
 再度、雑貨屋を巡ってから、ホテル近くの居酒屋「とりでん」へ。
 牛角系列の店で、接客のレベルが高くて安心して飲み食いできます。
 もちろん料理も美味。 
 
d0055395_1731914.jpg



[1日目 23:00 弘前パークホテル]
 ホテルで就寝。


[2日目 07:15 弘前パークホテル]
 ホテルで朝食。
 ご飯の友は津軽漬。
 
d0055395_17313172.jpg



[2日目 10:30 弘前市土手町]
 ホテルをチェックアウトして、近くの雑貨屋「green」へ。
 奥さんお気に入りの雑貨屋です。
 
d0055395_17315371.jpg

 店内はこんな感じ。
 
d0055395_1732178.jpg



[2日目 11:00 弘前市土手町]
 土手町のカフェ「チェンバロ」でコーヒーブレイク。
 
d0055395_17324127.jpg

 店内はこんな感じ。
 年配のお客さんもいて、入店しやすい雰囲気が良いです。
 
d0055395_1733616.jpg

 奥さんはソイカプチーノ、私は珈琲のホンジュラスをオーダー。
 落ち着きます。
 
d0055395_17333060.jpg

 

[2日目 12:00 弘前市土手町]
 最寄のバス停から100円バスに乗ってJR弘前駅へ。


[2日目 12:30 弘前バスターミナル]
 弘前駅からあるいて5分の場所にあるバスターミナルでの一コマ。
 土手町循環100バスは、弘前バスターミナルで乗換えが発生するケースがあります。
 その際は、乗り換え前のバスの運転手に100円払って乗り換え券をもらいます。
 これを乗り換え先のバスの運転手に渡せば、100円でバスを継続して乗れる仕組み。
 手作り感満載の乗り換え券がいい感じです。
 
d0055395_1734241.jpg



[2日目 12:50 JR弘前駅]
 弘前駅の駅ビルでお土産屋(の試食)を物色してから、駅構内へ。
 帰りはリゾートしらかみです。
 今日は「青池」編成と車内の冊子に記載されていたのですが、なぜか「橅(ぶな)」編成。
 連日の暴風が影響しているのだろうか。
 
d0055395_17343265.jpg

 リゾートしらかみは「くまげら」「橅」「青池」の3パターンの車両編成。
 「青池」だけ乗ったことが無かったので楽しみにしていたのですが。。。
 
d0055395_17352739.jpg

 まぁ、気を取り直して乗車。
 残りの停車駅は新青森と青森の2駅のみ。
 車掌さんにお願いして、2列シートからボックス席へ座席を移動させてもらいました。
 
d0055395_17361520.jpg

 やはりボックス席は快適。
 この後、奥さんは横になって熟睡してました。
 
d0055395_17364256.jpg

 車窓に広がる雪の津軽。
 来週は東京に引越しなので、これも当分見納め。
 
d0055395_1737592.jpg



[2日目 13:44 JR青森駅]
 暴風雨の影響で10分遅れて青森駅へ到着。
 

[2日目 14:00 青森駅前]
 昼ごはんは、津軽ラーメンの老舗「くどうラーメン」へ。
 
d0055395_17374012.jpg

 奥さんは中ラーメン、私は特大ラーメン。
 津軽の焼干しベースのスープが美味いです。
 
d0055395_1743848.jpg




[2日目 15:00 青森市内]
 自宅に到着。
 楽しい旅でした。




                              (さて、東京でもがんばるか)
[PR]
by hk_armlock1978 | 2013-03-10 21:21 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/18063849
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 旅行記32 『 スー... < 旅行記30 『 浅虫... >>