内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 旅行記17 『 雪の弘前へ 』 >

 2011年1月中旬に弘前へゆきました。
 雪が降ってて寒かったですが、これぞ東北。

 前日、上野発の夜行列車にのって秋田へ。
 当日、秋田からリゾートしらかみに乗って弘前へ。
 弘前市内を徒歩とバスで散策しました。
 
d0055395_11471377.jpg







 寝台夜行列車「あけぼの」で関東から東北へ。
 
d0055395_1147347.jpg


 指定席は予算の都合上、ゴロンとシートです。
 ゴロンとシートはリネン無しの B 寝台。
 寝台料金なしの特急料金+乗車券で乗れます。
 
d0055395_11475190.jpg



 秋田駅であけぼのから降りて、五能線「リゾートしらかみ」に乗ります。
 弘前まで4時間くらいで走る快速列車です。
 快速列車ですが、指定席きっぷ(閑散期:310円、繁忙期:510円)が必要です。
 
d0055395_1148398.jpg


 車内では津軽三味線の生演奏などがありました。
 のんびりと車窓を楽しみたい人にお勧めの電車です。
 指定席を買う際は「海側」と伝えるのをお忘れなく。
 
d0055395_11481360.jpg



 弘前駅に昼過ぎに到着。
 駅から歩いて三忠食堂へ。(①)
 
d0055395_11482335.jpg


 三忠食堂は100年ほど続く老舗。
 名物の津軽蕎麦を食べさせてくれます。
 津軽蕎麦は茹でてから寝かせるという、蕎麦の常識を覆す製法で作られます。
 まったりした味わいで美味。
 
d0055395_11483385.jpg


 駅前に戻ってからバスに乗って弘前市街へ。



 弘前昇天教会教会堂に到着。(②)
 全国でも7番目に古いプロテスタント教会だそうです。
 弘前は教会や明治期の洋館が多い街としても有名。
 
d0055395_11522481.jpg



 こちら弘前のローカル鉄道、弘南鉄道の中央弘前駅。(③)
 スーパーマーケットみたいな風貌が最高です。
 
d0055395_11575585.jpg


 改札。
 
d0055395_1238225.jpg


 ホーム。
 
d0055395_12455487.jpg


 時刻表。
 情緒しかない。
 ずっと残って欲しい建物です。
 
d0055395_11491225.jpg



 弘前城へ歩く途中、市立観光館の前に石像が。(④)
 弘前市のマスコットキャラクター「たか丸」くんです。
 寒そう。
 
d0055395_11525411.jpg



 弘前城の追手門をくぐる。(⑤)
 江戸時代初期から残る門です。
 
d0055395_11493527.jpg


 公園として開放されている城下を歩く。
 
d0055395_11532989.jpg


 津軽藩10万石の城郭は、広い。
 三の丸から二の丸に架かる杉の大橋を渡る。
 
d0055395_11535197.jpg



 下乗橋から天守を望む。(⑥)
 弘前城天守は、江戸時代創建の天守のうち、東北に現存する唯一のものです。
 
d0055395_1154354.jpg


 この後、バスで駅へ戻って奥羽本線で青森へ戻りました。


 弘前は古さと新しさの中間色が残る、歩いて楽しい街でした。
 
 


                (弘前市内は100円で乗れる巡回バスがあって便利でしたよ)
[PR]
by hk_armlock1978 | 2012-01-21 12:44 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/15304316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 日記217 『 青森... < 写真26 『 hk ... >>