内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 旅行記14-4 『 九州・山陰 4日目(萩) 』 >
 2011年9月12日(月)~18日(日)は九州・山陰へ新婚旅行をしました。
 
d0055395_1857095.jpg



 4日目(9/15)は山口県は萩市内を観光しました。
 
d0055395_9593553.jpg




[9月15日 07:00]
 博多駅前のホテルで朝食を摂る。

[9月15日 07:30]
 新山口行きの新幹線のぞみに乗車。
 今回の旅で初めての新幹線です。
 
d0055395_10464773.jpg


[9月15日 08:05]
 山陽新幹線の新山口駅に到着。
 駅は、10月に開催される山口国体で盛り上がってました。
 ここから日本海側の東萩駅を目指します。
 
d0055395_104762.jpg

 駅構内にはJR西日本のキャラクターが。
 秘密結社鷹の爪団ですね。
 
d0055395_21125412.jpg


[9月15日 08:30]
 防長バスで東萩駅へ。
 ホントはJR美弥線(みねせん)でゆく予定だったんだけど、2010年の大雨で運休中。
 山口国体に合わせて9月26日に復旧するそうです。残念。
 
d0055395_10472827.jpg
 
 山口県の山々をバスは進む。
 今日は木曜、乗客は奥さんと私と、おっちゃんの3人。
 一番後ろの座席に陣取り、リクライニングを全開に倒して眠る。
 
d0055395_1047178.jpg



[9月15日 10:04]
 東萩駅に到着。(①)
 地方の駅って感じで落ち着きます。
 駅から徒歩30秒のホテルへ荷物を預ける。
 
d0055395_10473940.jpg


[9月15日 10:27]
 萩市の循環バス「萩まぁーるバス」にて観光開始。
 赤いフォルムがカワイイです。
 山側を走る「松陰先生」バスと海側を走る「晋作くん」バスの2種類があります。
 まずは「松陰先生」バスに乗る。
 
d0055395_10475130.jpg


[9月15日 10:45]
 吉田松陰を祀る「松陰神社」に到着。(②)
 幕末の学校、松下村塾の建物が残っています。
 
d0055395_1048426.jpg

 松陰先生は、高杉晋作、伊藤博文、桂小五郎らを育てました。
 松下村塾、狭いなー。
 
d0055395_104814100.jpg

 こちらが松陰神社。
 司馬遼太郎をして「狂」と評した松陰先生の鋭利な頭脳にあやかろうと、手を合わせる。
 
d0055395_10482557.jpg



[9月15日 11:50]
 松陰神社から徒歩で東光寺へ。(③)
 萩藩主の毛利家の菩提寺、黄檗宗のお寺です。
 ここ東光寺には、毛利家の奇数代藩主が眠っています。
 ちなみに偶数代藩主のお墓は、同じく萩市内の大照院にあります。
 
d0055395_10483573.jpg


[9月15日 12:10]
 東光寺のバス停にくる「萩まぁーるバス」は1時間に2本。
 駆け足で参拝して、のどかなバス停へ。
 
d0055395_10504519.jpg


[9月15日 12:14]
 来るとわかってても、やっぱりバスの姿が見えるとホッとします。
 このバスは「松陰先生」です。
 
d0055395_10505847.jpg


[9月15日 12:26]
 萩市役所に到着。
 市役所の向かいに萩小学校があります。(④)
 萩小学校は、江戸時代の藩校「明倫館」を改築したものです。
 当時の面影がそのまま残っています。
 
d0055395_10511168.jpg


[9月15日 12:50]
 昼食はまさかのフレンチ。(⑤)
 商店街にある「Natural Oriented Home La Ceiba」へ。
 インターネットで評判が良かったので、行ってみました。
 前菜付きのコースをオーダー。
 超美味。お勧めのお店ですよ、こりゃ。
 
d0055395_1051253.jpg

 奥さんの鼻水の薬が無くなりかけていたので、食後、商店街の薬局で漢方薬を購入。
 併せて、風邪気味だった自分用に風邪薬を買いました。


[9月15日 14:00]
 萩の城下町を散策。
 木陰が少なく、暑い。
 奥さんは日傘必須。
 
d0055395_10513868.jpg

 木戸孝允(桂小五郎)の住居が残っています。
 
d0055395_10515159.jpg

 高杉晋作と伊藤博文が遊んだという円成寺も残っています。
 
d0055395_1052683.jpg

 倒幕に燃える高杉晋作が立ってます。
 
d0055395_10522093.jpg


[9月15日 14:30]
 萩博物館へ。(⑥)
 併設されているレストランで「夏みかんソフトクリーム」を食べる。
 暑い中の散策だったので、すごく美味い。

 博物館の展示内容は幕末関連がメイン。
 吉田松陰、高杉晋作、伊藤博文・・・
 やっぱ萩は人材の宝庫ですよねー。
 
d0055395_10523460.jpg

 あ、なぜか博物館の受付付近に巨大な「大王イカ」が展示されていました。
 おかげで受付付近が臭い。

[9月15日 16:00]
 萩博物館を後にして、江戸時代から残る遺構を探しに。
 近くの学校の下校時間にぶつかりました。
 白壁の日陰に沿って歩く学生達。
 歴史を超越する街、萩。
 
d0055395_1052486.jpg

 こちらが江戸時代から残る遺構、鍵曲。
 鍵曲とは、鍵の手に曲がった道。
 戦いの際に敵の見通しを悪くして、侵入を防ぐための構造です。
 
d0055395_10533377.jpg

 白壁の向こうには、夏みかんが実をつけていました。
 萩の名産品だそうです。
 
d0055395_10552798.jpg

 
[9月15日 16:54]
 みたび「萩まぁーるバス」に乗車。「晋作くん」バスです。
 ばあちゃんが多く乗ってました。
 あー、涼しい。
 
d0055395_10535022.jpg

 萩は橋本川と松本川に挟まれる三角州。
 こちらは橋本川です。
 「晋作くん」バスは何回も橋を渡ります。
 
d0055395_1054595.jpg


[9月15日 17:14]
 萩駅に到着。(⑦)
 1925年に建てられた駅で、駅舎が登録有形文化財に指定されているそうです。
 こちらで「松陰先生」バスに乗り換えて、東萩駅へ。
 
d0055395_10542165.jpg


[9月15日 19:00]
 晩御飯はホテル隣の居酒屋で焼き鳥。
 地元の地酒を熱燗で飲んで、就寝。

 奥さんの鼻水は全快。
 私は若干、風邪が残った感じ。

 

                                (明日は出雲市に行きます) 
[PR]
by hk_armlock1978 | 2011-09-25 21:02 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/14631695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 旅行記14-5 『 ... < 旅行記14-3 『 ... >>