内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 旅行記13-1 『 函館 1日目 ~14時 』 >
 2011年7月23日(土)~24日(日)は函館へ旅しました。
 今住んでる青森から近いので。
 
d0055395_015235.jpg


 1日目の昼過ぎまでは、五稜郭界隈を散策しました。
 
d0055395_0151099.jpg




 8:24
 青森発の白鳥93号で、函館へ。
 約2時間の特急の旅。
 途中、青函トンネルを潜っているのだが、寝てたので実感なし。


 10:26
 函館駅に到着。
 快晴で涼しく、観光日和でした。
 
d0055395_020928.jpg



 11:00
 駅前のホテルに荷物を預けて、函館駅前から路面電車に乗る。
 1897年に馬車で発足してから、100年以上の歴史を重ねてきた市民の足です。
 
d0055395_0201918.jpg

 車内はこんな感じ。
 普通のバスと一緒です。
 
d0055395_0203556.jpg



 10分程して五稜郭公園前に到着。
 
d0055395_0204791.jpg



 五稜郭前の「あじさい」ちょっと早めの昼食をとることに。
 函館といえば塩ラーメン。
 
d0055395_0264049.jpg

 あじさいは、創業60年以上のお店。
 昆布でダシをとったラーメンがこちら。
 あっさりしてて、うまい、美味いよ。
 
d0055395_0211898.jpg



 腹を満たし、五稜郭タワーへ。
 
d0055395_0284535.jpg

 有料で展望台へ上ると、こんな感じで五稜郭を眺められます。
 美しい星型。
 
d0055395_0214079.jpg

 タワーの一階には鬼の副長の像が。
 
d0055395_0215255.jpg



 12:30
 五稜郭へ。
 幕末の動乱を乗り越えた城郭は、今は市民憩いの公園になっています。
 お堀を手漕ぎボートで遊覧することも出来るみたいです。
 
d0055395_022174.jpg

 公園から見た五稜郭タワーは、こんな眺め。
 100メートル以上の高さがあるそうです。
 
d0055395_022833.jpg

 緑が濃くて気持ちいい。
 
d0055395_02219100.jpg

 五稜郭の設計者、武田斐三郎の碑がありました。
 大坂は緒方洪庵の適塾で蘭学を学び、オランダの築城書を頼りに設計したそうだ。
 
d0055395_0223076.jpg

 こちらは五稜郭の中心に再建された、箱館奉行所。
 ペリー来航後、北方警備の拠点として建てられた幕府直轄の建築物。
 
d0055395_0224624.jpg

 こんな感じで、食後に適度な散歩ができました。
 五稜郭を後にします。
 お堀の周りは良く刈り込まれた木々が。
 饅頭のように見えました。
 
d0055395_023274.jpg


 13:30
 次は五稜郭近くの北洋資料館へ。
 
d0055395_0231392.jpg

 函館の漁業の歴史をたどる事ができます。
 カニがカベに。
 
d0055395_0233543.jpg


 アザラシとか、たくさん剥製がいました。
 入場料100円。
 内容盛りだくさんで面白かった。
 
d0055395_0234682.jpg





                            (午後は港方面を散策します)
[PR]
by hk_armlock1978 | 2011-07-25 01:05 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/14182907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 旅行記13-2 『 ... < 日記210 『 はや... >>