内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 日記198 『 土方資料館 』 >

 今日は、日野市の土方歳三資料館に行ってきました。
 歳三さんの愛刀、和泉守兼定が期間限定で公開中のため、一目見ようと。


 蒲田駅から京浜東北線で川崎駅へ。
 南武線で川崎駅から矢川駅へ。


 散歩を兼ね、矢川駅から歩いてゆきました。



 石田大橋を渡ると、日野市。
 「新撰組のふるさと」の看板に心踊る。
 
d0055395_15473160.jpg




 到着。
 資料館は子孫のかたの自宅に併設されています。
 和泉守兼定の効果もあって行列ができてた。
 
d0055395_15473126.jpg




 入口、というか土方さんちの玄関には、牛革草が。
 土方家の秘薬「石田散薬」を作る原料です。
 歳三さんは、若い頃にこの薬を売り歩いたそうです。
 
d0055395_15473153.jpg




 こちらが資料館入口。
 館内撮影不可。
 中には歳三さんの句を纏めた豊玉発句集や、散薬を売り歩いた時に背負った箱、
 池田屋斬り込みで着用した兜やらが展示されてました。
 広さは12畳ほどで、入館料は500円。
 
d0055395_15473122.jpg


 土方資料館でガイドをしてくれた、何代目かの土方さん(女性)は、
 心なしか歳三さんに顔立ちが似てました。



 最後に、土方家菩提寺の石田寺で、歳三さんに手を合わせてきました。
 
d0055395_15473197.jpg




 和泉守兼定は凄みがありました。
 妖艶な輝き。
 見れて良かった。



                    (東京は狭いけど、観るとこ沢山あって広いなー)
[PR]
by hk_armlock1978 | 2011-05-15 15:47 | 30代日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/13583259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 日記199 『 金曜... < 日記197 『 千葉... >>