内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 旅行記11-2 『 沖縄 2日目(竹富島) 』 >
 GWの話。
 2011年5月1日(日)~4日(水)は沖縄へ旅しました。
 入籍したので、入籍旅行といった感じで。
 2日目は竹富島(①)へ。
 その後、那覇空港(②)へ飛びました。

 
d0055395_22461281.jpg




 AM。
 石垣島の街を散策。
 中心部は土産物屋、雑貨屋が多く歩いてて楽しい。
 そして暑い。
 

 12:30。
 石垣港から竹富島へ。
 高速船で10分(6キロ)。
 竹富島の周囲は約 9 km、小さな島です。
 
d0055395_22334726.jpg



 島の集落へバス(といってもワゴン車)で移動。
 水牛車が待ってます。
 前もって水牛車ツアーを頼んでおいたので、これに乗ります。
 
d0055395_22301329.jpg


 動力源の水牛さんが日陰で休んでおります。
 
d0055395_22303192.jpg


 んで、水牛車。
 車内はこんな感じで、進む速度は徒歩より遅い。
 
d0055395_22304689.jpg


 日陰で猫が寝てる。
 こんな道中で、運転手さんが三線弾いて、歌ってくれます。
 曲は竹富島の島歌、「安里屋ユンタ」。
 時間がゆっくり流れる。
 
d0055395_2231483.jpg


 40分くらいゆっくり島を散策して、水牛車によるドライブが終了。
 次は島を徒歩で散策。 


 島の高台(なごみの塔)から、集落を眺めるとこんな感じ。
 家は赤瓦&平屋で建てる決まりがあるそうだ。
 島民の努力で昔ながらの景観が残ってるわけだ。
 
d0055395_22312857.jpg



 続いて、歩いて世持御嶽(ゆうむちうたき)へ。
 御嶽(うたき)は沖縄県各地にある、神様へ拝む場所。
 多くの祭祀が行われる神聖な場所です。
 
d0055395_22315082.jpg


 こちらは真知御嶽(まーちうたき)。
 鳥居の奥に神聖なものを感じ、くぐることが出来ませんでした。
 事実、御嶽では、鳥居の向こうにある拝み場所より奥へ、入ってはいけないのです。
 
d0055395_22322619.jpg


 
 次は、バスで星の砂ビーチへ。
 嫁さんが一生懸命、星砂を探してました。
 
d0055395_22325734.jpg



 15:45。
 滞在3時間。
 おとぎの国のような島でした。
 
d0055395_22342652.jpg



 石垣島へ戻り、石垣空港から那覇空港へ飛ぶ。
 同じ飛行機に八重山農業ナインが同乗。
 空港内で、グローブを持って歩いている選手がいました。
 
d0055395_22344289.jpg



 夜は国際通りでタコライス。
 その後は「あかがーら」で飲んで就寝。
 
d0055395_2235015.jpg





                    (明日は沖縄本島といったらコレ!に行きます。)
[PR]
by hk_armlock1978 | 2011-05-09 23:22 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/13547043
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 旅行記11-3 『 ... < 旅行記11-1 『 ... >>