内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 日記190 『 地震4日目。 』 >

 2011年3月14日(月)の話。
 もう曜日感覚無いよ。

 5:00 。
 仲間4人と一緒に会社を出る。
 暗い街中だけど、信号が稼働してる。
 初日は真っ暗だったけど、街灯が灯ってる。

 街灯にぼんやり希望を見る。






 30分くらい歩いて、宮城県庁前のバス停へ。
 バス停には、すでに300人は並んでた。
 後でわかったことだが、先頭の人は1時に並び始めたそうだ。


 
 待ってる間、どんどん後ろに行列ができる。
 寒くなってきたけど、仲間がいるから心強い。
 私がバスの時刻表のコピーを読んでると、前に並んでる老夫婦がしきりにチラチラ見てくる。

 みんな情報に飢えてるんだよなー。
 んで、じいさんと情報を共有した。
 始発は8:00で、HPに載ってた情報で、会社に問合せて確認した情報だよって。



 7:00 。
 なんと第一便のバスが到着。
 バス会社の社員によると、燃料の続く限り、できるだけバスを走らせるそうだ。
 助かる~

 前列のじいさんも、しきりにバス会社の社員に状況を聞いてた。
 予定より増便する、と聞いて、間もなくバスに乗れる状態のじいさんが一言。
 「もう増便はいいよ」
 

 自己中じいさんを尻目に、我々は8時にバスに乗れた!
 さぁ山形へゆくぞー!

 バスの車窓からは、バス停に並ぶ人達が見える。
 1000人以上は間違いなく並んでる。
 みんな乗れるといいな。。
 


 1000人以上は並んでる山形行きバス行列を後にして、山形へ向かう。
 バスに乗れた安心感もあり、道中はみなグッスリ眠りこけてた。



 んで、1時間20分ほど経って山形駅前へ到着。
 
 小売店が営業してる。
 人々に緊張感が無い(いや、ただ普通なだけですが)。
 
 山形駅前は平和でした。
 すごく平和。
 仙台よりも気温が高いし、すごくほっとしました。


 
 駅に隣接するお好み焼き屋でブランチ。
 いやー、人が作ってくれた温かい料理って、ほんとに美味い。

 ブランチ後、携帯で父と連絡を取る。
 するとハプニング。
 新庄で事故があったらしく、大渋滞だそうだ。

 うーん、どうしよ。
 調達同期マンと、とりあえず山形駅へ行ってみる。
 
 すると、山形駅は機能停止中でした。
 電車が使えない。

 皆で相談し、タクシーに乗ることに。
 割り勘しても5人で5,000円だそうなので、決断。



 現在、日本海側の高速は無料。
 混雑もしていなくて、快適。
 逆方面から自衛隊のごっつい車、ジープとか、ひっきりなしに走ってきてた。
 宮城、福島方面へ向かうんだろうな。
 あと、タクシーの車窓から、田んぼの真ん中で止まってる電車が見えた。



 14時、新庄駅に到着。
 駅前で父と無事合流。

 あとは高速の秋田道に乗るだけ。
 後部座席に4人詰め込んで走ること1時間半。
 ふるさと秋田に到着。
 ガソリンスタンドに長蛇の列ができてた。
 


 調達同期マンを彼の奥さんと愛息が待つ家まで送り、
 女性陣の同僚はうちの実家に泊ってもらいました。

 母さんがカツカレー作ってくれた。
 美味かった。
 あと、久々の風呂、最高。

 みんな、21時には寝ました。
 だって布団で寝れるし。

 明日は勤務地の青森へ戻る。
 奥羽本線は復活してるし、間違いなく帰れる。



  (仙台は、生きているようで、まだ止まってる。みんなが頑張って動かそうとしている。)
[PR]
by hk_armlock1978 | 2011-03-16 19:42 | 30代日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/13146308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 日記191 『 地震... < 日記189 『 地震... >>