内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 日記189 『 地震3日目。 』 >

 2011年3月13日(日)の話。

 会社で寝袋で、2泊。
 起きると身体がバキバキ痛い~。

 でも、毛布が足りてない被災地もあるんだよなー。
 これくらいは我慢で当然だな。


 あ、そういえば会社の自家発電が途切れそうになったんだけど、
 その前に電力が復旧してくれた。
 ライフラインが少しずつ戻ってきている。





 昨日と今日とでわかったこと。 
 有事の折に情報を掴む手段は「足」だということ。
 電話は繋がらない。
 今、仙台の街中に行列があるなら、そこはコンビニか公衆電話だ。



 昨日、駅前のコンビニに行ったら、張り紙が。
 「バイトさんへ 明日10時に来られる方は店へ来て下さい 店長」
 この紙を見て、次の日に来てみようと思った。

 こんな理由で、朝イチ、食糧調達。
 例のコンビニに9時に社員達でゆく。
 店員が10時前に集まってきて、店内を掃除しだした。
 
 狙い通り、10時にコンビニが開店。
 我々は100人以上並んだ行列の先頭10番目以内に並ぶことができた。
 カップラーメン、下着、洗顔など生活必需品を購入。


 ここで、衝撃のリスクペクトが。
 小さな買い物カゴと、大きな箱(商品の仕入用)を見つけた。
 肝っ玉の小さい私は、小さなカゴにカップラーメンを詰め込んんだ。
 
 レジで会計を済まし、満足するとその後ろに社員(同期)の姿が。
 彼は例の大きな箱に、生活必需品をいっぱいに詰め込んで登場した。
 有事にドーンとした肝っ玉を見せた彼を、私は羨望の眼差しで見つめた。


 
 今日はエレベーターが復旧した。
 高層階まで食糧を運ぶ作業も、楽になったのだ。
 会社にいる避難社員へ食糧を配る。



 12時。
 カップラーメンを食べてから、仮眠。
 毎日眠りが浅いので、寝れる時に寝る。



 14時、起床。
 何やら宮城以外に住んでいる幹部社員達が、仙台脱出を試みるらしい。
 目的地は山形駅、そして山形空港。
 飛行機で羽田へ飛び、その後各々の目的地へ飛ぶ作戦。
 
 作戦は実行され、彼らは会社のリースカーで山形へ向かった。
 私も誘われたけど、悩んだあげく、不安要素が多いのでお断りした。



 岩手、宮城、福島の鉄道は機能を失った。
 今、動ける手段は自家用車、レンタカー、タクシー、バスだ。

 岩手と福島に挟まれた宮城は、陸の孤島となった。
 


 会社に所在なさそうに訪れた後輩の女の子が2人。
 初日に会議室を使って造営した女子の寝室が手狭になったので、
 この女子部屋を大きい会議室へ引っ越した。
 表情が疲れきってたので、カップラーメン渡して、女子部屋へ通す。



 夜。
 青森へ戻る手段を模索する。
 電力が回復したおかげで社内のインターネットも繋がった。
 ネットで山形交通のバスを調べると、山形ゆきのバスが「確実に」出ることが分かった。

 始発は8:00。
 宮城を出ることが第一関門だ。
 その後、山形から秋田へゆこう。
 
 ここで、秋田の実家の父に電話した。
 山形方面へ自家用車で来てもらう事を承諾してもらった。
 
 これで秋田までのルートが出来上がった。
 まず明日は秋田までゆこう。



 次にメンバを募ることにした。
 今日、大きい箱を駆使した調達同期マンと、同年代の女性陣3名が賛同してくれた。
 調達同期マンは秋田に住んでて、女性陣3名は青森が実家。
 
 

 あとは何時に会社を出発するかだ。 
 私は6時と5時の間で悩んだ。
 女性陣に意見を聞くと、そこは任せると言う。
 こまったー。

 ここで、衝撃のリスクペクトが。
 調達同期マンに相談したら、一言で片付いた。

 「あとで後悔する位なら5時でいこう」

 なんて分かりやすい理由なんだ。
 女性陣にこの簡潔な理由を説明し、出発時間は確定した。
 
 

 酒を入れないと寝れないので、軽く飲む。
 明日行動を共にするメンバと酒を酌み交わす。



 寝袋3泊目。
 窓の外には、まだ火災の赤色が見える。
 石巻方面の石油コンビナートが三日三晩、燃えている。


 今までと異なり、明日に希望がある分、モチベーションは高い。
 そして、目的を共にするメンバがいるから、心強い。 
 あとは心を前に持ち続ければ、何とかなるはずだ。



 俺は、早く、秋田にいる婚約者と家族に会いたい。
 あと、行動を共にするメンバを無事に自宅へ送りたい。
 この目的を達成する事しか見えていない。

 各地で被害が出ている。
 それを知り、心が痛む。

 心が痛む。そして、俺はこの目的を達成する事しか見えていない。





       (目の前の事しか考えれない極限状態。しかし精度高く考えて、行動に移す。)
[PR]
by hk_armlock1978 | 2011-03-14 22:10 | 30代日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/13132906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 日記190 『 地震... < 日記188 『 地震... >>