内容に共感して頂けたなら、ここをクリックしてもらえると嬉しいです。(Blog Ranking のポイントが加算されます。)
< 日記145 『 未来 』 >
 会社からの帰り道を歩いていると、たまに泣きたくなる時がある。


 今日もまた6畳のアパートにまた戻るのかーと思うと、たまらなく悔しい。



  去年の5月。
  仙台での仕事のピークを乗り越えた途端に、東京勤務の辞令だった。
  2週間後に引っ越せと上司は言った。頭が真っ白になった。

  あっという間に東京に住むことになって、
  経済負担が増えて、部屋が狭くなって、車は手放した。
  遊ぶ友達もいねーし。



 帰り道は屈辱のプライベートに戻るとき。
 理不尽な現実に悔しくて泣きたくなる。今でも。



 でも、俺の反骨精神は2億の仕事を生んだ。
 自身に掲げてた数字の目標も達成した。
 東京での仕事はもうおしまい。


 
 最近は帰り道に、泣きそうになりつつ未来のことを考えるようになった。
 悔しさの向こうに少しずつ未来が見えてきた。



 でも悔しさは消えない。消せない。
 自分が納得する時が来るまで、絶対にこの悔しさは無くさない。
 


 とりあえず来期は、熱いハートを持ったリーダになろうと思う。
 んで、俺を飛ばした部長を論理的に言いくるめて、
 俺の都合にいい様に利用してやる。


 みてろよ、部長。
 アタマを使って復讐してやる。
 なんか利用する方が、叩き潰すよりも楽しそうだ。



                  (怒りも悔しさも、前進するためのエネルギー。)
[PR]
by hk_armlock1978 | 2010-02-11 00:27 | 30代日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://armlock78.exblog.jp/tb/10757327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< < 日記146 『 帰り... < 散歩19 『 亀有・... >>